ホーム >> 図書館デジタルギャラリー >> 風景画2.下総国金椙御滝山不動堂之図 (しもうさのくにかなすぎおたきさんふどうどうのず)

風景画2.下総国金椙御滝山不動堂之図 (しもうさのくにかなすぎおたきさんふどうどうのず)

最終更新日:平成25(2013)年5月15日(水)印刷

歌川芳幾 (うたがわよしいく)
明治3年(1870)/縦18cm×横12cm・4枚組


下総金椙御滝山不動堂正月廿八日競馬神事之図(春)
下総金椙御滝山不動堂境内御滝行場之図(夏)

船橋市金杉の御滝山不動堂(滝不動)の四季を芝居絵仕立てで描いたもの。
春は現在の御滝公園付近で行なわれた競馬。夏は今も残る竜の口から滝の水が流れ落ちる修業場。秋は境内で行なわれた夜踊り(盆踊り)。冬は境内の池に面した石段下が描かれている。画は、春と夏である。