としょかんのりようほうほう
ここでは、図書館の利用方法についてご案内します。
館内で本・雑誌(ざっし)を見るには
どなたでも利用することができます。
本・雑誌(ざっし)を借りるには
  • 原則として市内にすんでいる人、つとめている人、市内の学校にかよっている人が本や雑誌(ざっし)を借りられます。
    図書館資料利用登録申込書に氏名・住所・生年月日などひつような項目を記入して、カウンターにお出しください。いっしょに氏名・住所がわかるもの(ほけんしょう・めんきょしょう・学生しょうなど)を見せてください。その場で図書館資料利用けんを発行します。 図書館資料利用けんは、本人以外は使用することができません。
  • 一度発行した図書館資料利用けんはなくさないかぎり、つづけて使えます。
    ただし、最終貸出日から5年間利用していない人は、図書館資料利用けんが使えなくなります。もう一度使いたい場合は新しく登録してください。
  • 図書館資料利用けんをなくしたときや氏名・住所・電話番号などにへんこうがあったときは、すぐに図書館にとどけ出てください。
  • 図書館資料利用けんは、オンライン化されている4図書館、いどう図書館、たかねだい・かいじん・やくえんだい・つかだ・まるやま・こむろ・つぼい・ほうでん・しんかたね・せいぶ公民館図書室、みやましみんセンター図書室、とうぶ・なつみ公民館図書貸出返却窓口で共通して使えます。
  • 1人10冊、2週間借りることができます。
  • カウンターに図書館資料利用けんといっしょに借りる本・雑誌(ざっし)をお出しください。
    ※図書館資料利用けんを発行して3年ごとに、住所・電話番号などのかくにんをさせてもらいます。この場合、新しく作成するときとおなじく、氏名・住所などがわかるものを見せていただきます。
本や雑誌(ざっし)を返すには
  • 市内4図書館、いどう図書館、たかねだい・かいじん・やくえんだい・つかだ・まるやま・こむろ・つぼい・ほうでん・しんたかね・せいぶ公民館図書室、みやましみんセンター図書室、とうぶ・なつみ公民館図書貸出返却窓口のどこでも返すことができます。
  • 休館日・時間外など、しまっているときは図書返却ポスト(ブックポスト)にお返しください。
    また、フェイスビル2階自由通路の図書返却ポスト(ブックポスト)にも返すことができます。
    ※視聴覚(しちょうかく)資料・紙芝居・県立図書館やほかの市の図書館から取りよせた資料は図書返却ポストには返せません。必ず開館中にカウンターに直接お返しください。
わからないことを調べるには
日常生活でぎもんに感じたことや、調査・けんきゅうのお手伝いをいたします。参考コーナーにおこしください。わからないことや資料が見つからない場合はかかり員におたずねください。電話、手紙でも受付いたします。
さがしている本がないときは
  • 『予約・リクエストカード』にひつような項目を記入し、カウンターにお出しください。
    予約はインターネットと窓口をあわせて1人10冊までです。
  • 予約・リクエストは、市内にすんでいる人、つとめている人、市内の学校にかよっている人にかぎらせていただきます。
  • 貸出中の場合は、本が戻りしだいごれんらくしますので、れんらくがあってから1週間以内に借りに来てください。
    なお、予約の多い本は順番まちとなります。
  • ほかの市内図書館・公民館等図書室にある場合は、取りよせし、ごれんらくします。
  • 市内の図書館・公民館等図書室にない場合は、県立図書館やほかの市の図書館から取りよせたり、そのほかの方法により、できるかぎりごようぼうにおこたえするようにします。
    ただし、時間がかかる場合もあります。 
図書館でおこなっているサービスは、図書館の利用日時は